×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



僕等は迷いながら進んで行くけれど

この道の先にきっと答えがあるって信じてる


手を伸ばしても届きそうもない星でも

水辺に写る星は触れられそうで

すくい上げた雫は、僕の顔を映しだす


一人では消えそうな夢も 君が側にいたから

僕はきっと ここまでやってこれたんだって思うんだ



すれ違っては消えてく人の影は

それぞれの道を歩いていくんだろう

僕と君の影は同じ場所を目指して


立ち止まる事もあるだろう でも焦らず行こう

君とならば何処までも行けるって思うんだ


一人では消えそうな夢も 君が側にいたから

僕はきっと ここまでやってこれたんだって思うんだ


←一つ前へもどる